2018年 04月 05日
2018.4月 ライブイベント
2018.4/14(土)19:00~ Dai Komatsu & Tetsuya Yamamoto アイリッシュライヴ
ゲスト 小松崎健:ハンマーダルシマー
(Dai komatsu:フィドル&ヴィオラ、Tetsuya Yamamoto:ギター)
 2500円+要オーダー *限定26席 オープンは18:00

小松大(フィドル&ヴィオラ)

愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。
2004年にアイルランド音楽に出会い、06年、3ヶ月間にわたりアイルランド、クレア州滞在しフィークル在住の名フィドラー、パット・オコナーより教えを受ける。以降渡愛を重ねる。
アイルランド在住の望月えりかとともにブラックバードミュージックを設立、2012年には愛知県長久手市文化の家主催「Irish Days 2012 ~音楽のあるくらし~」をプロデュース、大きな反響を呼ぶ。師であるパット・オコナー、アコーディオン奏者のオーイン・オサリヴァンと共演を果たす。
13年3月に伊勢神宮にて奉納演奏を行う。同年7月アイルランド人ギタリスト、デイヴ・フリンと共演。
15年9月、CCE JAPAN主催ケーリーバンドコンペティションにおいてPat Murphy Favorite Artist 賞を受賞。ソロのフィドルが絶賛を浴びる。
現在は東京を中心にアイリッシュパブでの演奏やレッスンを行っている。アイルランド音楽への深い理解に裏づけされたリズムとリフトが際立つその演奏スタイルは定評がある。

2007年よりフィドルのレッスンを開講し、これまでに多くの生徒を指導する。特にアイルランド音楽のリズムに関する独自のメソッドが好評で、名古屋では生徒がセッションシーンの中心メンバーとして音楽を楽しんでいる。東京でのフィドルレッスンも2012年よりスタートし、若手の育成やベテランにも好評を得ている。

クラシックヴァイオリンからの転向の為に必要なノウハウも多く持ち、生徒からの信頼も厚い。

クラシックのヴィオラ奏者としても活動を行っており、クラシック音楽とアイルランド音楽を完全に弾き分けるテクニックを持つ。


山本哲也(ギター)

愛知県瀬戸市在住のギタリスト。
幼少の頃からエレキギターを手にし、一時はハードロック・ブルース・ジャズフュージョンに親しむ。
2000年頃よりケルト・アイリッシュのギタースタイルに傾倒。
各地のホール・カフェ・アイリッシュパブなど精力的に活動。インストラクターとしても手腕も振るう。
軽快なダンス曲、繊細なエアー(バラード)など、独自のスタイルで魅了する美しい音色は近年、自身の尊敬する海外ギタリスト「アル・ペタウェイ」「イェンズ・コムニック」両氏にも高く評価されている。
2016年9月、Fiddle奏者 小松大とのDUOアルバム「Years」発表。同年アイルランドミュージシャン Cormac Begleyとの共演を果たす。
2017年7月、全編アコースティックギター一本でIrish,Scottishの曲を収録したSOLOアルバム「Inquiring」発表。


2018.4/15(日)13:00~ 伊藤賢一 ギターソロライヴ
 2000円+要オーダー *限定26席 オープンは12:00

伊藤賢一:
1975:   東京都新宿区生まれ
1980頃:  父が家で弾き語りをするのを見て育つ。ギターに興味を覚える。
1983:   8歳の時、ビートルズの音楽と出会う。
1989:   14歳の夏にアコースティック・ギターの独学を始める。
1992:   ジョン・レンボーン「鐵面の騎士」に衝撃を受ける。
1993:   新堀ギター代々木センターでクラシック・ギターを習い始める。
1994:   ギター専門学校(財)国際新堀芸術学院入学。
1994〜98:クラシック・ギターをアンサンブルを中心に4年間学ぶ。
1998:   (財)国際新堀芸術学院卒業。以後ソロ活動へ。
2001:   モリダイラ主催、フィンガーピッキング・ギター・コンテスト出場。3位入賞。
2001:   1stアルバム「String Man」発表。
2003:   2ndアルバム「Slow」発表。
2004:   ギター倶楽部Vol.9において楽器レビュー及びオリジナルサンプル曲を提供。
2007:   3rdアルバム「海流」発表。
2007:   アコースティック・ギター・ブック25号で、DVD付きアレンジ曲企画担当。
      (26号においても引き続き担当)
2008:   アコースティック・ギター・マガジン35号にインタビュー掲載。
      付録CDにも「海流」(譜面つき)「思い出の自転車」の2曲収録。
      同38号では「クラシック・スタイルに学ぶアコギの弾き方鳴らし方」担当。
2009:   Go!Go!GUITAR増刊「さらりと弾けるクラシックギター」において
      「魅惑のソロギター」コーナーを担当。
2010:   雪国観光圏テーマ曲として「ゆきどけ」を作曲。
      4thアルバム「かざぐるま」を発表。
2011:   活動10周年を機に全国各地へ演奏活動を拡大。
2012:   5thアルバム「Tree Of Life」を発表。
        アコースティック・ギター・マガジン53号に自身アレンジ「シーベグ・シーモア」
        の譜面及び音源掲載。
       モダン・チェンバー・カルテットに参加。
2013:   アコースティック・ギター・マガジン56号「ピック&ネイル徹底ガイド」のネイル
        編をメイン執筆。

[PR]

by too6late2to4cry | 2018-04-05 19:49 | ◆ イベントのお知らせ


     2018.5月以降のイベント >>