2017年 05月 17日
2017.6月
2017年 6月の定休日、営業時間変更について。

(木)(日)はすべて通常営業お休みです。
このほかに24(土)は臨時休業いたします。

また、営業時間が短縮している日があります。
6日(火)はライヴイベント(The Cash & STOVE)のため17時閉店。
16日(金)もライヴイベント(扇町ボンバーズ ブルーグラスライヴ)のため15時閉店ですのでご注意ください。

*15日(木)は通常営業はお休みですがライヴ(RAUMA カンテレ&馬頭琴)の時間は営業いたします。

くわしくは、カテゴリの”イベントのお知らせ”をご覧下さい。
いずれのライヴもご予約受付中です。0112313939

どうぞよろしくおねがいします。


[PR]

# by too6late2to4cry | 2017-05-17 08:40 | ◇ 定休日
2017年 05月 04日
若草色の・・・
期間限定 ずんだ白玉パフェ
¥650(ほかメニューと一緒のオーダーで¥550)

ずんだ(青豆のあん)、白玉、黒蜜。
青豆は実はクリームやバニラアイスとも相性が良いのです。
若草色がとても綺麗です。

(すみませんが、平日のランチ混雑時間帯12~13時はお待たせする可能性がありますのでご了承下さい。)

[PR]

# by too6late2to4cry | 2017-05-04 12:58 | ◇ 甘いもの デザート
2017年 04月 29日
2017.6月のイベント
*いずれも26席限定。ご予約おねがいします。
*お食事希望の方は早めにお越し下さい
*事前予約で無料駐車場がご用意できます(台数限定)

6/6(火)The Cash & STOVE ジョイントライヴ
18:30 オープン 19:30 スタート ¥3000+要オーダー

STOVE
イギリス諸島からの移民が新大陸へ持ち込み、アパラチア地方で歌い継がれてきた民俗音楽と、アフリカ~米国南部からのブルースに、そのルーツがあるブルーグラス・ミュージック。 ”STOVE”は、5つの弦楽器と演唱法において、その伝統的なスタイルを愚直なまでに保ちつつ、中原が創る北国の風土に根差しこだわったオリジナル曲を歌います。1988年結成の気心の知れたメンバーによってアレンジされ、アドリブとドライブ感に満ちたオリジナル・ブルーグラス曲をどうぞお楽しみ下さい。

The CASH
2013年結成。ブルーグラス育ちの鬼才フラットマンドリン奏者、井上太郎、、ドラマ”Mother”の主題歌を歌う会津親善大使,琵奈子、センチメンタルシティロマンスのベーシスト瀬川信二、一見、全く違うバックグラウンドを持つ音楽家が“音楽"を核に必然的に集まったクリスタル。変幻自在の"生"結晶体ミュージックを目撃せよ




6/15(木)RAUMA ~カンテレと馬頭琴~ ライヴ

18:30 オープン 19:30 スタート ¥2000(当日2300)+要オーダー
RAUMA(ラウマ) 
あらひろこ  :カンテレ
嵯峨治彦   :馬頭琴 喉歌

フィンランドの民族楽器カンテレと、モンゴルの民族楽器馬頭琴の共演。

RAUMA

2013年、フィンランドの国際カンテレコンペティションで、プロフェッショナル部門第2位およびマルティポケラ賞を受賞。


嵯峨治彦

馬頭琴(モンゴルの弦楽器)、喉歌(ホーミー)、ドシプルール(シベリア・トゥバ共和国のバンジョー)、口琴。

モンゴル伝統曲の演奏から、ポップス、クラシック、邦楽、舞踊といった異分野とのコラボレーションおよび即興的セッションまで、伝統と革新の間を柔軟に行き来しながら幅広い演奏活動を続ける馬頭琴・喉歌奏者。民族音楽だけにとどまらないその音楽性は各方面の関係者からも熱い視線を注がれ、クラシックやポップス、ダンスや映画・演劇分野からの共演依頼多数。ソロ、民族楽器デュオ。また、朗読、ピアノ、ギター、和太鼓、活花、ダンスなどとの共演も可能。

あらひろこ

フィンランドの楽器カンテレの奏者、コンポーザー。

コンサートカンテレをメインに、5弦、10弦、15弦など大小それぞれのカンテレを演奏する。フィンランドや北欧の美しい伝承曲を演奏するほか、ケルトやイングランドなどの伝承曲、

日本のうた、ポップス、クラシックや古楽、オリジナル曲などを演奏。特に、カンテレの音色を生かした即興的な作風のオリジナル曲はフィンランドをはじめとする海外のミュージシャンたちからも高い評価をうけている。
また、さまざまなミュージシャンと共演するほか、朗読や語りとの共演、美術や映像、写真など、他ジャンルとのコラボレーションも多い。(女優・二木てるみの「ドラマティック・リーディング」、NHK朗読番組、さまざまな美術展ほか)




6/16(金)扇町ボンバーズ ブルーグラスライヴ
18:30 オープン 19:30 スタート ¥1000+要オーダー
〈扇町ボンバーズ〉
五十嵐隆:ベース、増田賢次:フィドル、前谷茂樹:バンジョー、港屋常春:ドブロ、みなかみまゆ子:ギター、歌

ブルーグラスとはアメリカ南部発祥のストリングバンド音楽。素朴なメロディーとスリリングなリズムが特徴です。

出身地も出身校も、世代も異なる社会人があつまりました。
メンバー全員が予定をあわせることすら大変なバンドですが、満を持しての?!ライブ。現在必死に練習中。

店主も前半、後半、演奏するため、ライヴ前に提供するドリンクやフード類を一部制限させていただきます。
パフェや、少々手間のかかるオーダーはライヴあとに提供いたしますのでご了承下さい。








[PR]

# by too6late2to4cry | 2017-04-29 16:32 | ◆ イベントのお知らせ
2017年 04月 25日
GW中の営業時間について。
GW中の営業について。

◆4/29(土祝)通常営業 18時~ウクレレワークショップ
◆4/30(日)お休み
◆5/1(月)通常営業
◆5/2(火)通常営業
◆5/3(水祝)10~17時の間、営業
◆5/4(木祝)お休み
◆5/5(金祝)10~17時の間、営業
◆5/6(土)10~17時の間、営業
◆5/7(日)お休み

当店は通常は(木)(日)(祝)は定休日ですが、時間短縮で営業している祝日があります。
GWのご予定の中にぜひ、”ひいらぎ”をどうぞ。地下鉄東西線バスセンター前駅8番出口より徒歩2分。祝日、土曜日は無料駐車場もご用意できます。お問い合わせ 011-231-3939 7:30~18:00ごろ

[PR]

# by too6late2to4cry | 2017-04-25 10:58 | ◇ 定休日
2017年 04月 18日
2017.5月のイベント

5/14(日) Tiny Gig Festival Vol .4

日曜のひるさがり、当店、珈琲・軽食 ひいらぎがお届けする小編成バンド祭り!ブルーグラス、オリジナルほか。

たべながら、のみながら、楽しみましょう。


チャージ1000(学生500)+要オーダー 26席限定。

(フード、ドリンク400円~)アルコールメニューもあります。

1200 開場 1300 開演


出演バンドは・・・(演奏順は未定)

Swing George Brothers

(阿部芳樹:マンドリン、本間理子:フィドル)

・ひいらぎ弦楽団

(城真一郎:マンドリン、みなかみまゆ子:ギター、唄)

The Horse-Bone Brothers 

(中原ナオヒコ:ギター、歌、金一健:マンドリン)

・せきのやまざき

(関野文男:ギター、山崎和紀:マンドリン)


出演者のプロフィールはこちら。

Swing George Brothers

(阿部芳樹:マンドリン、本間理子:フィドル)

北大ブルーグラス研究会発のユニット。

ブルーグラスにとどまらず、ジャズ、アイリッシュ、クラシックに

インスピレーションを受け、個々に好きな音楽を追求する2人が

更に好き放題やるために結成しました。

誰でも知ってるクラシックの曲からマニアックなジャズ、ブルーグラスまでボーダーレスで幅広ジャンルの音楽を皆さんにお届けします。


せきのやまざき

(関野文男:ギター、山崎和紀:マンドリン)

北海道カントリー・ブルーグラス界の重鎮 (もとい、アイドル)関野が好きな曲を自由に表現しよう3年前に結成。練習は、集まりこそするもバカ話しに終始し、オヤジのおしゃべり会と化していた。しかし、関野70歳の誕生日に『70歳だからこそ出せる音がある。残された人生、生き様を音で残そう』と一念発起。精力的?に活動開始、現在に至る。これから何年続けられるか?今回が最後??いつまでもあると思うな、金とせきのやまざきお楽しみください。


The Horse-Bone Brothers 

(中原ナオヒコ:ギター、歌、金一健:マンドリン)

北海道のブルーグラス・フェスで出会って30年。5人組バンド”STOVE”で弾いて歌って来た二人だが、バンドを離れたら、何処の馬の骨か。しかし、何の因果か同じ時代に同じ北の土地で暮らしているギターとマンドリンだもの、原野を駆ける音が聴き取れるかも知れぬ。(サドルとナットは牛骨製でーす


ひいらぎ弦楽団

(城真一郎:マンドリン、みなかみまゆ子:ギター、唄)

2011年結成。加入してほしい方々にいろいろ声をかけるがことごとく断られ、とりあえずユニットとして活動を始めてはや6年。いまだユニットのまま。演奏よりも店のPR活動のために熱心に活動しているとか(!?)

演奏曲は、ブルーグラスを中心に、カントリー、アイリッシュやフォークなどにも取り組んでいます。



5/28(日)伊藤賢一(ギター)&小松崎健(ハンマーダルシマー) 

ジョイントライブ

11:00 開場 13:00 開演

チャージ2000円(学生1000円)+要オーダー

小松崎健(こまつざきけんじ)

1959年生まれ、東京都足立区出身。札幌在住。1986年、アメリカのフォークシンガー、デビット・ホルトの弾くハンマーダルシマーに感動し、独学でダルシマー奏者を目指す。1988年、ケルティックアンサンブルグループHARD TO FINDを結成。89年、ソニーレコーズからデビューした3人編成のバンド「SACRA」へ参加。その後現在まで、様々なジャンルのアーティストと共演。ソロ活動にも力を入れる。2014年朝の連続テレビ小説「花子とアン」の劇中音楽(梶浦由記作曲)でダルシマーを担当し注目を集める。

伊藤賢一(いとうけんいち)

1975年、東京都新宿区生まれ。幼少時より父親が家で弾き語りをするのを見て育つ。8歳の時、ビートルズの音楽と出会い、14歳の夏にアコースティック・ギターの独学を始める。17歳の時、ジョン・レンボーン「鐵面の騎士」に衝撃を受け、新堀ギター代々木センターでクラシック・ギターを習い始める。19歳でギター専門学校、国際新堀芸術学院に入学。クラシック・ギターをアンサンブルを中心に4年間学ぶ。卒業後ソロ活動へ。2001年、モリダイラ・フィンガーピッキング・ギター・コンテストに出場し3位入賞。2001年に1stアルバム「String Man」発表し、その後も2003年に2ndアルバム「Slow」、2007年に3rdアルバム「海流」、2010年に4thアルバム「かざぐるま」を発表。精力的な演奏活動の傍ら、ギター専門誌などに執筆するなど他方面に亘り活躍中。

いずれのライブも予約優先26
  

お問い合わせ&ご予約は 011-231-3939(日)(祝)(木)休み

7301800 

12001300は電話に出られないことがあります。)

*事前予約で無料駐車場がご用意できます。
*お食事希望の方は、はやめにお越し下さい。

*東西線バスセンター前駅8番出口より徒歩2分。


[PR]

# by too6late2to4cry | 2017-04-18 17:50 | ◆ イベントのお知らせ