<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 10日
2016.2月 ライヴイベント盛りだくさん
2/14 (日) あらひろこ & たまみかずみ バレンタインライヴ 

フィンランドの楽器カンテレをひくあらひろことアイルランドや北欧の曲を演奏するたまみ(ヴァイオリン)かずみ(小型関テレ、うた)が冬の日だまりの音楽をおとどけします。

2000円+要オーダー 13時OPEN 14時START 
予約優先26席

*お食事希望の方ははやめにおこしください。
*事前予約で無料駐車場をご用意できます。

会場は地下鉄東西線バスセンター前駅5または7番出口から徒歩3分。(最寄りの8番出口は工事中ですのでご注意ください)

あらひろこ :カンテレ
たまみかずみ:ヴァイオリン、カンテレ、うた

あらひろこ

フィンランドの楽器カンテレの奏者、コンポーザー。
コンサートカンテレをメインに、5弦、10弦、15弦など大小それぞれのカンテレを演奏する。
フィンランドや北欧の美しい伝承曲を演奏するほか、ケルトやイングランドなどの伝承曲、
日本のうた、ポップス、クラシックや古楽、オリジナル曲などを演奏。
特に、カンテレの音色を生かした即興的な作風のオリジナル曲は
フィンランドをはじめとする海外のミュージシャンたちからも高い評価をうけている。

(略歴)
1990年、北海道フィンランド協会の事務局を手伝い始めたことをきっかけに、カンテレという楽器を知り、5弦カンテレを弾き始め、まもなくカンテレサークルの指導に当たる。
1994年、「北の生活文化振興事業」の補助を得て、カンテレ指導者としての研修のためフィンランドに1ヶ月滞在。
民族音楽の地として知られる中西部の町カウスティネンのKansanmusiikkiinstituuttiと、ヘルシンキのシベリウスアカデミーにて、ハンヌ・サハ、シニッカ・ヤルヴィネン(コンティオ)らにカンテレとフィンランド民族音楽を学ぶ。
帰国後、北海道を拠点に、各地で演奏活動を行う。
2002年、ロータリー交換研修生としてフィンランドにて研修
これまでに、カンテレを、ハンヌ・サハ、アンッティ・ケットゥネン、アンナマイヤ・カルヤライネン、シニッカ・ヤルヴィネン(コンティオ)、エヴァ・アルクラ、ミンナ・ラスキネンに師事。
2004年、ソロアルバム「Garden」を発表。

2/21(日) ブルーグラスライヴ 
せきのやまざき × ひいらぎ弦楽団 ~マンドリンとギター~


せきのやまざき  & ひいらぎ弦楽団
関野文男:ギター   城真一郎   :マンドリン
山崎和紀:マンドリン みなかみまゆ子:ギター、唄

500円+要オーダー 13時開場、14時開演 予約優先26席
事前予約で無料駐車場もご用意できます。
お食事希望の方は早めにお越し下さい。

ブルーグラスとはアメリカ南部発祥の、アコースティックストリングバンド音楽。本来は4~6名のバンドで演奏されることが多いのですが、今回は2人のユニット2組でこじんまりと(?!)おとどけします。

日曜日の昼下がりライヴです。
遅めのランチやコーヒータイムと一緒にブルーグラスミュージックはいかが?アルコールもあります。

ご予約、お問い合わせ 珈琲・軽食 ひいらぎ 0112313939 木日祝休み 
7:30~18:00 
(ただし12~13時の間は混雑が予想されるため、避けていただけると助かります。)

せきのやまざき

結成は3年程前。結成はしたものの練習も余りせず、現在に至っています。今迄に人前で演奏した事もほとんど無しの幻のバンドです。
今回のライブに向けて選曲したのは超名人が演ってる曲ばかり。当然の事ながら自分達にはかなりハードルの高い曲です。ライブ当日には戦意喪失で極簡単な曲に変わっている可能性も有ります。何はともあれ、試行錯誤、支離滅裂、五里霧中、の中で年齢に負けない様に気合いを入れて掛かります。
しかし、歳には勝てないわ〜〜(呟き)

山崎 和紀 マンドリン
関野 文男 ギター

ひいらぎ弦楽団

 2011年新春、久しぶりにブルーグラスバンドをやりたくなった城がメンバー集めを開始。
 まず皆上がメンバーとなり、2人で加入してほしい方々にいろいろ声をかけるがことごとく断られ
 とりあえずユニットとして活動を始めてはや3年。いまだユニットのまま・・・。
 2012年夏、皆上の「ひいらぎ」開業とともに“ひいらぎ弦楽団”と改名。
 演奏よりも店のPR活動のために熱心に活動しているとか(!?)
 演奏曲は、ブルーグラスを中心に、カントリー、アイリッシュやフォークなどにも取り組んでいます。

2016.2/27(土) 19:00~
Musica Do Brasil 12 ~ブラジル旅行記や料理も楽しもう~


スライドショーを交えながらのブラジル音楽ライヴ。
当日は特別メニューとして、店主の~妄想~ブラジル料理もご用意いたします。まだまだ寒い札幌、あたたかなお食事とともに、ブラジルの風を感じにきませんか?

~妄想~ブラジル料理~
  店主は現地の味を知りませんので・・・こう名乗りますがブラジルの味を知る方からも好評です。
 ムケッカ・・・トマトとココナツミルクで野菜や魚介を煮込んだもの
 カイピリーニャ・・・ブラジル産ラム酒とライム、かち割り氷で作るちょっと甘いカクテル。

1500円+要オーダー  18時開場 19時開演
(お食事希望の方は早めにお越し下さい)

高橋佳子:ヴォーカル
ふかまちけい:ギター
大山賢司:パーカッション
岡田脩平:パンデイロ

高橋佳子  うた
黒人ルーツ音楽をこよなく愛し、ブラジル、アフリカ、ジャマイカ、キューバ、トリニダードなどを旅して、歌やアフリカやサンバのダンスと身体全体で、大好き!!を表現する札幌市民。

大山賢司 パーカッション
2003年docomo マクドナルドのCM音楽に参加。
その後、村上てつや(ゴスペラーズ)、中西圭三、福原美穂、櫻庭和、手島葵、小泉ニロ、つのだ☆ひろ、ZONEと様々なアーティストと共演活躍する。
2014年 飛澤良一氏率いるcopabonitosで全国CDリリース
活動は北海道札幌を拠点とし、全国で活動中。
2012年からCANOPUSとエンドーサー契約

岡田脩平 パンデイロ
南米・中南米やアフリカのリズムに影響を受け、10代の頃よりエスニック楽器の演奏を始める。 ブラジル音楽では、トラディショナルなショーロを好む。

ふかまちけい ギター
ニセコ在住のギタリスト。ショーロ、ボサノバ、サンバなどのブラジル音楽を特に好み、演奏する。
2012、2013年と、ブラジルリオデジャネイロにあるショーロ学校に体験入学。

事前予約で無料駐車場もご用意できます。
ご予約&お問い合わせ ひいらぎ 0112313939 
(木)(日)(祝)休み 7:30~18:00ごろ


[PR]

by too6late2to4cry | 2016-01-10 08:45 | ◆ イベントのお知らせ